ハイレゾ対応と書かれていない機器ではハイレゾって再生できないの?

2017年11月16日

「ハイレゾ音源の再生」という点については、使う機器の種類によって2つに分けて考えないといけなくなっています。

一つは、デジタルデータになっている音楽情報をアナログ信号に変換する機器のお話。もう一つは、アナログ信号になったハイレゾ音源の信号を再生する機器のお話です。

この二つを詳しくみていきましょう。

25

・デジタルデータをアナログ信号に変換する機器

ハイレゾ音源やその他の圧縮音源の音楽のデータなどのデジタルデータを、一般的な音楽の信号になるアナログの信号に変換する装置を、DAC(Digital Analog Converter)と呼びます。機能がそのまんま名前になっています。

ハイレゾ音源をハイレゾ音源の音質で再現するためには、この機器に関しては、機器がきちんとハイレゾ音源に対応している必要があります。

DACがハイレゾ音源に対応していないと、そもそもハイレゾ音源の音が出てこなかったり、音が出たとしてもハイレゾ音源本来のクオリティでの再生が行えず、CDと同程度の音で再生されたりします。

ということでまず1点目。
DACはハイレゾ音源への対応が必須、ということです。

・アナログ信号を再生する機器

DACで変換されたアナログ信号を再生する機器に関しては、特にハイレゾ対応の文字が必要とされることはありません。

日本レコード協会がこういったアナログ系のハイレゾ対応をうたう機器に求めてる性能は、高い側の音が40kHzまで再生できることだけです。そのほかに機能的な面では何も制約はないのです。

実際、アナログ信号になってしまうと扱う側の機器としては、元がハイレゾ音源でもCDでもMP3でも、何ら違いはなくなります。ですので、アンプやスピーカー、イヤフォンなど、アナログ信号だけを扱う機器では、入力される音の信号の元がハイレゾ音源でもなんでも構わないわけです。

こういった機器にハイレゾ対応の文字がなくても、ごく当たり前にハイレゾ音源も聴ける、ということになります。
こちらが2点目。

ハイレゾ音源に記録されている、耳に聞こえないような高さの音もしっかり再生し切りたい、という場合には、ハイレゾ対応のロゴの付いている製品の方が良いでしょう。

ただ、ハイレゾ音源の良さは音の出る範囲が広いことだけではありません。普通に耳に聞こえる範囲の音も丁寧に再生できることの方がより重要なファクターだと思います。

ですのでハイレゾ対応のロゴだけにとらわれず、しっかりした再生の出来る製品を選ぶのが一番です。