機材の紹介

このイヤフォンはメーカー名からしてとてもユニークですね。「茶楽音人」と書いて「さらうんど」。

製品としてのイヤフォンの方も非常にユニークなフォルムで、既に音質面に高い評価を受けている製品を世に出しているメーカーです。

ハイレゾの仕組み

HWAの情報ページ

Bluetoothは色々なデバイスを無線で接続し合える、柔軟性が高いとても良く出来た規格です。消費電力も少なくバッテリー駆動のさまざまなデバイスに搭載しやすくなっています。

ですがその分制約 ...

機材の紹介

iriverは高音質のハイレゾ対応ポータブルプレイヤーを展開し続け、音質面などで高い評価を得ています。今ではむしろiriverと言うよりもブランドネームのAstell&Kernの名前の方がメジャーになっているかもしれませんね。 ...

機材の紹介

非常にコストパフォーマンスの高いオーディオ製品をリリースし続けるFiiOから、エントリークラスの新ヘッドフォンアンプQ1 MarkIIが登場しました。

売価1万5千円程度とUSB DAC機能内蔵型ではかなりのお手頃価格なが ...

機材の紹介

高コストパフォーマンスで音質面にも定評ある製品をいくつも生み出しているFiiOから、新製品ラインのハイレゾ対応ポータブルプレイヤーのM7と、同社のポータブルアンプの中では最上位機種となるQ5が登場します。

どちらも同価格帯 ...

機材の選び方

このたびDSDファイルのネイティブデコードが行えるUSB DAC内蔵ポータブルアンプを入手しました。

なのでせっかくの機能を試してみようとあれこれやってみたのですが、なかなかポータブルアンプ側のDSDのインジケーターのLE ...

機材の紹介

どこか微妙に自虐っぽいキャッチコピー「意外にいい音、エレコム」を掲げて、エレコムは本格オーディオ製品としてのイヤフォンやBluetooth製品に力を入れていて、従来のパソコンやスマートフォンの周辺機器メーカー、というイメージの枠を超え ...

音源の入手方法

ハイレゾ音源フォーマットの新しい仲間としてMQAが少しずつ認知度、機材の対応が広がり始めています。

MQAはフォーマットの開発者が「音の折り紙」と呼ぶ独特の技術で、特にデータ量が膨らみがちな周波数の高い音の成分をうまく取り ...

機材の選び方

安価で販売されていたエレコムのマイクロUSBコネクタ直結型のヘッドフォンアンプが手元にあります。スマートフォンと組み合わせて結構いい音で音楽などの再生が出来るようになるものです。

こちらの製品、セットで元々の定価が1万円程 ...

機材の紹介

エレコムのEHP-UC100M情報ページ

iPhoneシリーズではイヤフォンジャックが省略された機種が出て以降、Lightningコネクタ直結型のイヤフォンの市場が立ち上がりました。

Bluetooth接続のイ ...