音源の入手方法

ハイレゾ音源フォーマットの新しい仲間としてMQAが少しずつ認知度、機材の対応が広がり始めています。

MQAはフォーマットの開発者が「音の折り紙」と呼ぶ独特の技術で、特にデータ量が膨らみがちな周波数の高い音の成分をうまく取り ...

機材の選び方

安価で販売されていたエレコムのマイクロUSBコネクタ直結型のヘッドフォンアンプが手元にあります。スマートフォンと組み合わせて結構いい音で音楽などの再生が出来るようになるものです。

こちらの製品、セットで元々の定価が1万円程 ...

機材の紹介

エレコムのEHP-UC100M情報ページ

iPhoneシリーズではイヤフォンジャックが省略された機種が出て以降、Lightningコネクタ直結型のイヤフォンの市場が立ち上がりました。

Bluetooth接続のイ ...

未分類

オーディオテクニカのATH-DSR5BT製品情報ページ

完全デジタル駆動のスピーカー、最初はカーオーディオのクラリオンが車載用として開発しました。その後、「Dnote」というブランドの製品群を使ってオーディオテクニカがデジ ...

機材の紹介

先日、日本国内の製品取り扱いの代理店がエミライに変わったFiiO、またまたかなりインパクトのある価格の製品を世に出してきます。

今度は、USB DAC機能内蔵のヘッドフォンアンプ。

旭化成エレクトロニクスの高性 ...

機材の紹介

「Aurex」ブランドというと、かつて「システムコンポーネント」といった商品名で立派なオーディオセットが人気だった頃、東芝の高音質のステレオシステムとして人気を博していました。ですのでこの名前に懐かしさを感じるユーザーもいらっしゃるか ...

機材の紹介

FiiOはリーズナブルな価格で音質の優れたポータブルオーディオ系の製品を出し続けてくれているメーカーですが、エントリー機でもまた一つやってくれました。

実売25,000円程度のエントリークラスのポータブルプレイヤーにバラン ...

機材の紹介

SHUREのRMCE-USBのニュースリリース

ShureはすでにiOS機器で「ケーブル交換」によりイヤフォンをハイレゾ対応化させるケーブル製品を世に出しています。

Lightningコネクタに直接挿す形の製品 ...

機材の紹介

コストパフォーマンスの非常に高いハイレゾ対応ポータブルプレイヤーのFiiOシリーズの販売も手がけるオヤイデ電機が、PC向けの超小型USB DAC内蔵ヘッドフォンアンプを発売しました。

COZOYブランドの「TAKT PRO ...

機材の紹介

先代のOPUS#1

エムエムシー企画の持つオーディオブランド、audio-opusが手がけるハイレゾプレイヤーがOPUSシリーズです。その中でエントリーレンジを受け持つのがOPUS#1です。

5万円以下の比較的 ...