機材の選び方

まず最初に一つお断りしておかなければならないと思いますが、ハイレゾ音源に対応していない機器でハイレゾ音源を再生する場合、ほとんどの場合ハイレゾ音源本来のクオリティでの再生は出来なくなります。

ただ、一部の機器ではオプション ...

機材の選び方

ほかのジャンルのオーディオ製品に比べると新製品登場のペースがゆっくりですが、いよいよカーオーディオの世界にもハイレゾの波が到達し始めたようです。

今は日本の一般的なカーオーディオ製品はオーディオ機能単体のものよりも、カーナ ...

機材の選び方

AppleTVを使ってNetflixを見るときに、ヘッドホンで没入したいと思って購入しました。おおむね満足していますが、2点問題がありました。1点目は、音飛びが頻繁に発生すること。2点目は、無音の時にピー音(聴力検査のときに鳴るような ...

ハイレゾ入門

ハイレゾ音源をハイレゾ非対応機種で聞いた場合にどうなるかについては、パターンがいくつかあります。再生機器の方のハイレゾ対応の意味にも複数あって、パソコンなどでは音楽再生ソフト側の観点も出てきます。

それらパターンの中のいく ...

ハイレゾ入門

ハイレゾ音源をお試ししてみて、音楽のボリュームで違和感を感じた方います?なんだか、ハイレゾの方ボリューム小さいな??と感じられた方がいらっしゃるかもしれません。

実は聞き比べる楽曲によっては、実際にハイレゾ音源の方がCDな ...

機材の選び方

SONY以外の日本のメーカーからも、そろそろハイレゾ対応のポータブルオーディオプレイヤーが出そろい始めました。しかし、ハイレゾ対応ウォークマンで先行したSONYは既に第二世代の機種に置き換わって、プレイヤーのブラッシュアップが進んでい ...

機材の選び方

「シュアーがけ」などの言葉も生み出した高級、高音質イヤフォンの代名詞ともいえるのがshureのイヤフォンではないでしょうか。

他社も高級・高音質路線に力を入れるところが多くなっており、ユーザーの選択肢は広くなっていますが、 ...

ハイレゾの仕組み

もともとのハイレゾ音源の言葉の意味は意外と曖昧で、CDの音質を超えられる音楽データをどれでもハイレゾ音源という名前で呼んでいたようです。

そんな状況がここ1年ぐらいでちょっぴり変化しました。JEITAや日本オーディオ協会が ...

ハイレゾの仕組み

e-onkyoのSnow halation販売ページ

 

最近までハイレゾ音源のサンプリングは、24bit/96kHzや24bit/192kHzまでで、それを超える量子化ビット数を持つ音源は販売されて ...

機材の選び方

今までのハイレゾ音源に対応したポータブルプレイヤーやスマートフォンなどのうち、ノイズキャンセリング機能を搭載した機種であっても、ノイズキャンセルとハイレゾ音源再生の両立を行える機種は残念ながらありませんでした。

対応イヤフ ...