完全ワイヤレスでも「シュア掛け」維持。AONIC 215登場

ちょっと意外な感じもありますが、この機種がShure初めての完全ワイヤレスタイプのイヤフォンです。

AONIC 215が非常にユニークなのはそのカタチ。完全ワイヤレスイヤフォンでもShureはいわゆる「シュア掛け」を維持してきました。

サイズ的には完全ワイヤレスイヤフォンらしくないやや大柄なサイズになりますが、装着の安定性では非常に優れた形状になっています。

今回はShure初めての完全ワイヤレスイヤフォンAONIC 215を取り上げます。

MMCX対応イヤフォン+Bluetoothモジュール

AONIC 215はそのカタチもユニークですが、構成もなかなかに面白い目からうろこ的な仕組みを使って実現した製品です。

AONIC 215のイヤフォン本体は実は同社の有線イヤフォンのSE215のイヤフォン本体そのものです。そこにMMCXコネクタに直接接続可能なBluetoothヘッドフォンアンプ的パーツをドッキングさせています。

この構造を採用したためMMCXコネクタを持つリケーブル可能なイヤフォンならばAONIC 215のワイヤレスユニット部とドッキングさせることで、どの機種も完全ワイヤレスタイプのイヤフォンに化けさせることが可能なのです。

ワイヤレスモジュールも単体販売

AONIC 215で使われているワイヤレスモジュールも単体で発売されることが決まっています。

製品名は「完全ワイヤレス・セキュアフィット・アダプター」で、店頭予想価格は24,800円程度となっています。

AONIC 215は3万円程度での販売が予想されていますのでSE215のイヤフォン本体を入手するために、あえてAONIC 215を選ぶのもなかなかお買い得感がありそうな価格設定になっている感じです。

SE215の音を楽しむためにまずはAONIC 215をゲット。さらにお好みのMMCX対応ケーブルを手に入れる、ということですね。

スペック

AONIC 215のBluetooth関連のスペックもチェックしておきましょう。

対応する音声コーデックはaptX、AAC、SBCとなっています。より高音質なコーデックに対応しないのはちょっと残念ですが、元々Shureのイヤフォンは有線のものでもハイレゾ対応製品はないためこういったコーデックのチョイスになったのかもしれません。

AONICのワイヤレスイヤフォンではアンプにShureが開発した独立したアンプを搭載することでよりパワフルな音を実現しました。

一般的なイヤフォンのイヤーピースのみのような形状の完全ワイヤレスイヤフォンよりもAONIC 215はかなり大柄ですから、内蔵できるバッテリーの容量などに余裕があるのだと思います。本体のみで最大8時間の連続再生を可能にしています。

加えて専用ケースにはバッテリーを内蔵してイヤフォン本体を3回充電可能です。本体バッテリーとあわせれば最大30時間以上のバッテリーオペレーションが可能になります。

AONIC 215は最近のワイヤレスイヤフォンのトレンドの一つである外音取り込み機能を備えています。このイヤフォンはアクティブノイズキャンセリング機能は搭載していませんが、元々Shureのカナル型イヤフォンは遮音性が高いのでこの機能の搭載の判断に至ったのでしょう。

従来の完全ワイヤレスイヤフォンで起こりがちだった混線や音切れの発生を最低限に抑えた、とのメーカーの主張ですが、ここにもサイズの大きさが活かされているかもしれません。アンテナのサイズと設置スペースなどに大きな余裕がありますから。

Shureらしいとてもユニークな製品です。