最近流行(?)の中華イヤフォンでちょっと冒険を

RevoNext QT2 着脱式イヤホン 2PIN 3.5MM カナル型 2DD+1BA ハイブリッド イヤホン カナル型 高音質 高遮音性 重低音 中華イヤホン アルミ合金製 イヤフォン 1基バランスド・アーマチュア&2基ダイナミックを搭載 (ブラック)

最近一部の音楽ユーザーの間で盛り上がりを見せているらしいのが、手頃な価格の中国製イヤフォンの当たりを探すことのようです。

Amazonのマーケットプレイスなんかを眺めていると、他のメジャーメーカーの製品では考えられないような贅沢構成のイヤフォンがすごく安いお値段で販売されています。

そして、そういった製品の中のそこそこの割合がかなり高い評価を獲得しています。

今回はそんな「中華イヤフォン」の比較的新顔、RevoNextブランドのQT2というイヤフォンを入手して遊んでみました。ちなみにお値段は本体のみ5千円を切れるお手頃価格です。

スペック

まずはその「驚愕」のスペックから。

音を出すドライバーはなんと3Wayの贅沢構成。メジャーメーカー製ならば最低3万円程度のプライスタグはつく構成でしょう。

内訳はダイナミック型ドライバーを2つ、バランスドアーマチュア型ドライバを1つの、通称2DD+1BAと記載されるタイプのイヤフォンです。

恐らくウーファー、ミッドレンジをダイナミック型が受け持ち、高域あるいは超高域をBA型ドライバーで分担するタイプの製品だと思います。

ハイレゾ対応を名乗っていますが、少なくともAmazonの販売ページには再生周波数帯域の記載はありません。またハイレゾロゴも使われていなさそうです。ただ、高域の再現を得意とするBA型ドライバーを搭載していますので、上の音の伸びには期待できそうです。

5千円以下の低価格製品ながら、2pinコネクタを使ったリケーブル対応製品と言うところにも驚きます。

いろいろ「化ける」製品

届いてすぐにパソコンに接続したFiiO Q1 MkII経由で音出しをしてみました。

QT2のAmazonレビューでは「ドンシャリ」傾向の音というレポートが多いのですが、うちの環境で聴いた限りでは思いの外優等生的な音のバランスでした。特にどこかが出っ張っている感じはありません。

その代わり高域の音に金属的な響きがかなり強く残っていて、ハイハットの音などが「シャリシャリ」する感じで若干耳に刺さります。シンバル等々を多用する曲では少々うるさい感じもありました。

ただこの音の金属的な響き、ハマると高音がキラキラ輝くようなとてもキレイな響きに化けます。そのあたりはちょっと面白い。

未エイジングで付属のアンバランス接続のケーブルを使っていると、カナル型らしく音場は狭め。頭蓋骨の内側、2まわりぐらい小さな音場が出来上がる感じでしょうか。

せっかくQ1 MkIIがありますしリケーブルも出来るのだから、と、実はQT2と一緒にバランス接続用のこちらもお手軽価格のイヤフォンケーブルも購入しました。

でサクッとこちらに切り替えて試聴してみたのですがこれがビックリ。

それだけで音場が2回りから3回り分広がり、頭蓋骨の外側まで音の空間が大きくなった感じになりました。それぞれの音の分離も良くなった感じがします。

その後はエイジングを開始。パソコン側のMusic Center for PCで手持ちのハイレゾ音源の楽曲を流し続けました。

エイジングでどんどん音が変わる

エイジング2時間程度で早くも音が変化し始めてこちらも驚きました。

BA特有の癖と思われる金属的な音の響きがかなりマイルドになっています。

さらにその後もエイジングを重ねることでどんどん音が変わっていきます。5時間たつとさらに高音のトゲがなくなって滑らかな表現に。低音は少しボリュームを増してきた感じもあります。

ただ、全体的な音のバランスが良くなってQT2ならではのクセみたいなモノも目立たなくなってきたような感じもします。ここはちょっと残念かもしれません。

BAの金属的な風味のある響きがはまる曲、音ではちょっとおもしろい独特の音色を作っていただけに。

エイジング8時間、10時間あたりでもまだまだ音色が変化して、どんどんバランスの取れたいい音になっていきます。高音域の特定の周波数の音が刺さる感じが消えていきました。

そして15時間を超えてエイジングが20時間に達したあたりで、高音の刺さる感じがほぼ解消しました。特定の曲のボーカルで肉声に金属的な堅い響きが出る癖も見事に解消。非常にバランスの良い音になりました。

ちょっと優等生過ぎるサウンドで面白みがないかも、それぐらいの音に化けています。

ですので、その意味ではRevoNextのQT2は最低数十時間のエイジングを前提にした製品といった方がいいでしょう。最初の音出しで音質の評価ができる製品ではありません。

オーナーが「育てるイヤフォン」と考えるといいかもしれませんね。

しかし著者の場合には優等生的な音に変化しすぎて「わんぱくさ」が影を潜め、お父さんちょっと寂しい、的な気分にもなったり。

アンバランスで8000円程度、バランスで1万円以上のイヤフォンと戦えそう?

あれこれ熟成させつつ音楽を聴いてみた感触では、標準でついてくるケーブルを使ったアンバランス接続の状態で万全なエイジングを行なえば、メジャーメーカーの8000円クラスのイヤフォンと戦えるぐらいの音があるかもしれません。

バランス接続ならば1万円を超えるクラスのイヤフォンが相手になりそうです。

ただそれ以上の価格のイヤフォンとはやはり音の差はありそうですね。手元のJVCのHA-FXZ200と比べると音の輪郭がやや緩く、特に低音の表現のタイトさと音の出のスピード感に差を感じます。

バランス接続の状態ならば音の広がりに関しては引けを取りません。カナル型特有の窮屈な音の空間にならないのはカナル型が身がてなユーザーにも適した1本になるかもしれませんね。

タッチノイズが少ない

カナル型のイヤフォンのもう一つの弱点に「タッチノイズ」があります。ケーブルに触れたときの音がケーブル経由で伝わって耳に入りやすい、と言うものです。

これがこのイヤフォンではあまり邪魔になりません

使っているケーブルがいいのか、はたまたいわゆる「シュア掛け」の装着方法がいいのかは分りませんが、とても音楽に集中しやすい条件が揃っています。

ちなみにシュア掛けのイヤフォンは今回初めて使ってみたのですが、最初はやっぱり装着で手間取りました。少しずつ慣れてきましたが、以下の写真のようにイヤーピースを掴むと装着しやすいことに気づきました。

注意点も

中国製のコストパフォーマンスの高い製品に共通する注意事項ではありますが、購入の際にはどうしてもハズレを引くリスクは最初から織り込んでおく必要がある、ということです。

今回はバッチリ当たりを引けたようですし、RevoNextのQT2に関しては今のところAmazonレビューでも品質面のハズレを引いた、という酷評はありません。概ね中国製イヤフォンのハズレ率も徐々に低下してきているようです。

が、日本製品やオーディオ大手のような超安定した品質はまだ期待できる状況にはないと思います。購入の際には「ギャンプル」的要素をはらむ製品であることは頭に置いておくべきでしょう。

その壁を越えればすごくコストパフォーマンスの高い、いい買い物になります。