またまたFiiOの価格破壊か。エントリーヘッドフォンアンプQ1 MarkII

FiiO Q1 MarkⅡ 【FIO-Q1MK2】ハイレゾ対応USB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ

先日、日本国内の製品取り扱いの代理店がエミライに変わったFiiO、またまたかなりインパクトのある価格の製品を世に出してきます。

今度は、USB DAC機能内蔵のヘッドフォンアンプ。

旭化成エレクトロニクスの高性能DAC、AK4452を搭載してバランス出力まで実現しながら、1万5千円を切る価格を実現してきました。

今回はFiiOの新エントリーヘッドフォンアンプ、Q1 MarkIIをご紹介します。

スペック

まずはFiiO Q1 MarkIIのスペックを見てみます。

マクラにも書いた通り心臓部であるDACには旭化成エレクトロニクスの高音質チップ、AK4452を搭載しています。このチップがQ1 MarkIIのスペックをだいたい決めています。

対応出来るハイレゾ音源のフォーマットは、PCMが32bit/384kHzまで、DSD形式も11.2MHzにネイティブ対応するなど、最新と言っていいスペックを備えています。

長く使える機材になりそうです。

お手頃な価格のエントリー機ながらバランス出力に対応するところもQ1 MarkIIのスペック上の特徴です。より普及の進んでいる2.5mmの4極端子を追加で搭載しています。

アンプの出力はアンバランス出力で75mW、バランス接続だと200mWとかなりハイパワーです。

デジタルインタフェースはマイクロUSBコネクタを備えていてUSB DAC機能を持ちます。AppleのMFi認証も受けており、付属のLightningケーブルでiPhoneなどと直結して利用が出来ます。

新日本無線製の高性能電子ボリュームを採用

FiiO Q1 MarkIIの大きな特徴の一つは、アンプ側のボリュームの音質などの性能に定評のある、新日本無線のデジタルボリュームを採用したことです。

これによりボリュームを動かしたときに、左右の音のレベルに差が生じるギャングエラーという現象を抑えることが出来るようになっています。

薄型軽量

FiiO Q1 MarkIIの本体はかなり薄型軽量の仕上がりになっています。スマートフォンなどとの併用でも邪魔にならない大きさと言えるでしょう。

サイズは幅59mm x 奥行き99mm x 厚さ12.5mm。重さが101.5gで、4型液晶搭載のスマートフォンよりもコンパクトですね。

その本体内にしっかり1,800mAhのバッテリーを内蔵していて、スマートフォンなどの電力を使わず自律稼働が出来ます。バッテリーでの駆動時間はアナログ入力の場合に約20時間、USBコネクタ経由のデジタル接続では約10時間です。

サイズ的にスマートフォンを音楽データのトランスポートとして利用するのに適した機種になっていると思います。そういった使い方で本格的な音質の音楽を聴くには、Q1 MarkIIはぴったりですね。

このような使い方をする場合には、Q1 MarkIIの約10時間のバッテリー駆動時間は十分な時間と言えると思います。

音質も良さそう

FiiO Q1 MarkIIの正式発売は4月30日からですが、先行販売が行なわれていて既にこの機種の音のレビューがAmazonに上がっています。FiiOらしい音で価格帯以上のレベルの音質が実現されているようです。

スペック的には今の水準でも最先端と言えるものを持っている機種ですから音質面も合わせ、どうやらまたFiiOがこのジャンルでも価格破壊をやってくれたようです。