遂に完全ワイヤレスイヤフォンにソニーも参戦。WF-1000X発表

2017年11月16日

ソニーのWF-1000Xの製品情報ページ(英語版)

 

イヤフォンのジャンルで今一番ホットな製品は、恐らく完全にケーブルを廃してしまった完全ワイヤレス型の製品群でしょう。

AppleがAirPodsを大々的に押し出したこともあり、非常に注目を集めました。

結果、非常に数多くの製品が世に出ることになり、品質・音質面に疑問のつきそうな低価格製品から、Bluetoothのワイヤレス接続ながら音質面にこだわりを見せる製品まで、非常に幅広いレンジの製品が揃うことになりました。

その激戦区と呼べそうなジャンルに、遂にソニーが参戦します。

今回はドイツで開催された家電見本市であるIFA2017会場で発表されたソニーの新型イヤフォン、WF-1000Xを取り上げます。

NC+完全ワイヤレス

ソニーの完全ワイヤレスイヤフォンWF-1000Xの最大のトピックは、完全ワイヤレス型のイヤフォンとしては初めてノイズキャンセリング機能を搭載したことでしょう。

厳密に見ていくとノイズキャンセリング機能を使うと音質はわずかに変化します。音の純度でいけば低下する可能性が高いでしょう。

ですが周囲に騒音がある環境で音楽を聴く場合には、ノイズキャンセリングによる音質の変化よりも、周囲の音が漏れて聞こえてくる影響の方が一般的にはずっと大きくなります。

また、ノイズキャンセリング機能自体も随分と進化していて、騒音を低減できるレベルも向上していますし、音質へのダメージも極小化されています。

電車での通勤中に音楽を聴く方は導入を検討する価値のある機能です。騒音の中で音楽を聴く際に、無理にボリュームを上げなくても普通に音楽がバランス良く聞こえるようになりますので、耳へのダメージも抑えられます。

WF-1000Xは同時発表の他機種に比べるとノイズキャンセリングの性能は若干落ちますが、それでも一般的なNC機能のないカナル型イヤフォンよりははるかに静かなリスニング環境が実現できます。

コンパクトで軽い本体ながら3時間動作

ウォークマンなどでオーディオ機器でも長時間のバッテリー駆動を可能にするノウハウを持つソニーだけあって、WF-1000Xでも完全ワイヤレスイヤフォンとしては比較的長時間のバッテリー駆動が出来るようになっています。

通常よりも消費電力が増すはずのノイズキャンセリング機能ONの状態でも、最大3時間の連続使用が出来るようになっています。

また、すっかりこのタイプのイヤフォンの定番になっている、ケース側のバッテリーを使ってイヤフォン充電を行なう機能をこの製品もしっかり備えています。

ただ、ケース側のバッテリー容量が控えめのようで、ケースに戻したときに充電できる回数は2回。合計約9時間までの再生になります。

ただ、その分、ケースはコンパクトですね。

色も黒だけではなく、シャンパンゴールドのようないい色合いの製品も準備されているようです。

ハイレゾは非対応

音質面ではより上位の機種とは差別化されているようですが、完全ワイヤレス型としては十分な音質を実現できているようです。

ハイレゾ非対応との情報ですので、Bluetoothの音声伝達用コーデックにはLDACが使われていない可能性がありそうですね。

イヤフォン側の再生帯域面でハイレゾロゴを名乗れないとしても、伝送経路での音の劣化をある程度抑えられるLDACには非ハイレゾ機でも十分に意味がありそうなのですが。

WF-1000Xではドライバーには6mmの小径振動板を採用したダイナミック型のフルレンジのユニットが採用されています。無理のない自然な音の再現が期待できそうです。

価格は日本では2万円台後半あたりになるでしょうか。

音質にこだわるタイプとしてもやや高めの価格レンジになりそうですが、ノイズキャンセリング機能の付加価値がその分を十分にペイしてくれる製品になると思います。