ソニー以外では初のLDAC採用Bluetoothイヤフォン、ラディウスのHP-BLT01

2017年11月16日

radius HP-BTL01K Bluetooth ワイヤレスイヤホン

ソニーは「ハイレゾ級」とのうたい文句で、Bluetooth接続ながら従来よりも高音質の伝送が可能な独自コーデックのLDACを開発しました。

オープンな規格ではないものの他社へのコーデック提供にも積極的だったようなのですが、なかなか他社からは対応製品が出ませんでした。

そんな中、影では色々な働きかけを行ない続けていたようで、なんと次期AndroidOSでは標準でLDACが搭載されることがアナウンスされました。

この発表の影響を受けてか、ソニー以外の会社もBluetoothのコーデックにLDACを搭載する動きが出始めています。

そんな製品の一つが今回取り上げるラディウスのネックバンド型BluetoothイヤフォンのHP-BLT01です。

ドライバーにはダイナミック型を搭載

HP-BLT01は振動板に8.6mm径のものを採用したダイナミック型のドライバーを搭載しています。

再生周波数帯域はハイレゾ対応の基準をクリアしていて、20Hz~40kHzまでをカバーしています。

音の傾向はモニターライクな癖のないものではなく、ラディウスらしい元気が良く重低音の押し出しも強いチューニングがされているようです。

一般に音の広がりの表現が得意とされるダイナミック型のドライバーを使っていますので、自然な音場の広がりの表現にも期待が出来そうです。

aptXには非対応

Bluetoothのコーデックでは、LDACの他にはより一般的なSBCとAACに対応しています。ですが、残念ながらaptXやaptX HDには未対応となっています。

スマートフォンのチップセットレベルでaptX HD対応が進む可能性もありますので、この部分はちょっと残念なフィーチャーかもしれません。

そのほか最大8台までのマルチペアリングが可能となっているなど、Bluetoothイヤフォンとしてのスペックに抜かりはなさそうです。

本体内蔵のバッテリーのフル充電までの時間は約2.5時間。連続再生時間は最大約7時間となっていて、再生時間の長さは完全ワイヤレス型のイヤフォンに対する優位点の一つになっています。

実は使いやすそうなネックバンド型

今、Bluetooth接続のイヤフォンで最も注目を集めているジャンルは、まず間違いなくAirPodsをはじめとする完全ワイヤレスタイプの製品たちでしょう。

非常にスマートな外観と使い勝手が実現でき、フォロワーも増えて選択の幅も大きく拡大しています。

ただ実際に著者が利用するシーンを考えると、完全ワイヤレス型よりもむしろHP-BLT01のようなネックバンド型の方が楽かも?と思ったりもします。

著者の使い方では、イヤフォンのイヤーピースを利用途中で一時的に片方だけ外す、といったケースが結構あります。カナル型だと遮音性が高いため、人との会話がしたいときなどは最低でも片方のイヤーピースを外しますので。

そういったときに、完全ワイヤレス型だとイヤーピースをしまう場所を意識する必要がありますが、ネックバンド型なら耳から外したイヤーピースはそのまま本体から(首から?)ぶら下げておけばOK。とても気楽です。

元々、ソニーのイヤフォンの左右非対称で首にかけられるタイプの製品を使い慣れてきた影響はあるかもしれませんね。

ただ、どなたでも、少なくとも完全ワイヤレス型イヤフォン使用時に、イヤーピースをなくしてしまう心配はしなくても済むようになると思います。

LDAC使用上の注意点も

LDACは音質優先の接続の設定を行うと、990kbpsというBluetooth系のコーデックとしては最大の帯域を使って接続を行ないます。

このため周囲にたくさんのBluetooth機器があるような通勤電車の中などでは、接続が安定せず再生音がブツブツ切れるケースがあります。

そういった際にはプレイヤー側の設定を接続性優先の設定に切り替える必要があるかもしれません。

このような一部の制約があるにはありますが、従来のBluetoothの音質を大きく超える再生が可能になる仕組みにはやはり魅力がありますね。

この製品の価格は2万円程度となっていて、Bluetoothイヤフォンとしてはメインストリームのラインよりも少し上の製品になります。

その分、LDAC採用ともあわせ、Bluetoothらしからぬ音質を期待して良い製品に仕上がっていると思います。