ケーブル交換ギミックを活用するユニークなイヤフォンADVANCEDのMODEL 3

2017年11月16日

ADVANCED アドバンスド MODEL3 CLEAR [ワイヤレス/有線無線両用イヤホン ハイレゾ音源対応]

しばらく前にShureがケーブル交換式のイヤフォンで利用できる、Lightningコネクタ直結用の「ケーブル」(実態はDAC内蔵ヘッドフォンアンプ)の販売を開始したことが注目を集めました。

イヤフォンのケーブル交換でほぼ業界の標準端子となっているMMCXコネクタを使うケーブルだったことから、他社のリケーブル可能なイヤフォンにも流用できる可能性があることも注目を集めた理由の一つだと思います。

このコンセプトの「ケーブル」を付属した、こちらもちょっと面白いイヤフォンが登場しています。ADVANCEDブランドの「MODEL 3」という製品です。

こちらは有線接続で普通のイヤフォンジャックに接続して使えるケーブルと、Bluetoothレシーバー機能を載せたケーブルが付属する、というものです。

今回はこのユニークなイヤフォンMODEL 3を取り上げてみます。

有線接続だとハイレゾ対応製品

MODEL 3は付属の有線接続用のケーブルを利用すると、再生周波数帯域が20Hz~40kHzとなるイヤフォンで、ハイレゾ対応をうたう製品になります。

ケーブル交換で音のチューニングも可能なタイプのイヤフォンですね。

小型のダイナミック型ドライバー1発で鳴らすタイプのイヤフォンで、バランスの良い音が期待できます。海外の販売サイトではかなりの高評価を獲得しているようです。

付属のケーブルに交換するとBluetooth接続のイヤフォンに変身

ここまでのスペックならば良くあるタイプのイヤフォンですが、MODEL 3がユニークなのは最初から交換用ケーブルとして、Bluetoothレシーバー機能を搭載するケーブルが付属することです。

MMCXコネクタを使ったイヤフォンの特徴を面白い方向に活用した製品と言えるでしょう。

このBluetoothケーブルは、音声伝達用コーデックには高音質のaptX、AACを選択可能にしているなど、Bluetooth接続でも音質にこだわった作りの製品になっています。

内蔵バッテリーでの駆動時間は5時間と特段長くはないものの、一般的な完全ワイヤレスイヤフォンなどよりは長時間の運用が可能になっています。

Bluetoothレシーバー部はマイクロUSBコネクタ経由での充電に対応していて、充電時間は約1.5時間。恐らくモバイルバッテリーからの給電が可能ですね。

リーズナブルな価格

MODEL 3は有線ケーブルの他にBluetoothレシーバー機能を搭載したケーブルが最初から付属しますが、価格の方はかなりリーズナブル。税込み10,800円での販売となっています。

音楽再生をターゲットにした高音質寄りのBluetooth接続のイヤフォンとしても、ごく普通の価格が提示されている感じで、おまけで有線接続も出来る交換用ケーブルがついてくる、と考えると逆に割安な製品かもしれませんね。

さらなる発展形もありそう?

まずはShureが先鞭を付けたような形の+αの機能付きMMCX用ケーブル。フォロワーが出てきたことで更なる展開も期待できるかもしれませんね。

装着した際の物理的な重量バランスやバッテリーの容量の問題があるとは思いますが、究極的には左右のイヤーピースに別々に取り付ける形で、MMCXコネクタ採用イヤフォンを完全ワイヤレスイヤフォン化することが可能になるパーツの設計や製造も可能性としてはあり得る訳ですから。

先行したShureのLightningコネクタ直結用ケーブルや今回取り上げたADVANCEDのMODEL 3の動き具合には、ちょっと注目しておくと面白いかもしれません。

また、もしかしたらADVANCEDもLightningコネクタ直結用ケーブルや、Androidスマホなどに向けてUSB Type-Cコネクタ直結型のケーブルを追加で投入してくるかもしれませんね。

そうなると、今までとは全く別の観点でMMCXコネクタを採用した、リケーブル可能なイヤフォンが注目を集めることになるかもしれません。