iPhone 7発売でより注目を集める完全ワイヤレスイヤフォン

2017年11月16日

ERATO(エラート) MUSE5 ワイヤレス イヤホン Bluetooth 両耳 iPhone アイフォン 防水 マイク スポーツ ブルートゥース イヤホン 高音質 AAC apt-X SBCコーデック採用 完全ワイヤレス リモコン ハンズフリー通話 3Dサラウンド機能搭載 【国内正規品】 メーカー1年保証 (Black)

iPhone 7シリーズは、従来の一般的なイヤフォンジャックを廃止してしまったことで大きな話題となりました。こういった関係もあってか、iPhoneで利用するイヤフォンを見直す動きも出てきたようです。

iPhone 7シリーズでイヤフォンを利用する場合には、大きく分けて2つの方法があります。

1つはハイレゾ音源などにも対応可能な、Lightningコネクタにアダプターを接続して従来型の有線のイヤフォンを利用する方法。もう一つはBluetoothの仕組みを利用して、無線接続のイヤフォンを利用する方法です。

後者のうち左右のイヤーピースの間にもケーブルのない「完全ワイヤレス」型のBluetoothイヤフォンが、今、大きく盛り上がりを見せているジャンルです。

音声の伝達方式がBluetooth接続となるため、残念ながらハイレゾ対応と名乗ることは出来なくなるタイプのイヤフォンですが、それでも利用の際の自由度はピカイチ。

邪魔っ気なケーブルを気にすることなく、自由なスタイルでの利用が出来ます。

今回はちょっと、ハイレゾと言うジャンルからは少し逸れますが、今話題の完全ワイヤレスイヤフォンをいくつか取り上げてご紹介します。

AirPods

まずはこちらの製品から。iPhoneシリーズで使うのならば、一度はこの製品を検討の対象にした方がいいかもしれません。

AirPodsはイヤーピースからニョキッと棒状に本体が伸びた独得の形をしています。この辺りに各種のパーツやバッテリーなども内蔵しているのでしょう。

多機能

AirPodsが他のワイヤレスイヤフォンと性格を異にしているのは、単なるイヤフォンだけに留まらない機能を持っている部分です。

各種処理を行うプロセッサやセンサーを搭載し、AirPodsの動きや加えられた振動を検知して、iPhoneとの連動でいくつかの動作を行うことができます。

例えばAirPodsを両耳に装着したらiPhoneのミュージックプレイヤーで自動的に音楽の演奏をスタートしたり、AirPodsをダブルタップすることでiPhone側のSiriを起動する、などといったことが可能になっています。

長時間動作

AirPodsは完全ワイヤレスイヤフォンとしては比較的長時間の、5時間の連続使用が可能です。

また、バッテリーを内蔵してAirPodsへの充電機能を持つ専用ケースとの併用で、連続24時間の利用が可能になります。

カナル型ではない

この部分、使い途によっては影響が出てくる部分もあるかもしれません。

AirPodsは外見を見る限り、遮音性の高い「カナル型(耳栓型)」のイヤフォンではないようです。EarPodsの流れをくむ、オープンエアタイプのイヤーピースとなっているようです。

このため、音漏れの方もカナル型イヤフォンよりも大きくなることが予想されます。利用の際にはボリューム等に注意する必要があるかもしれません。

ERATOのMuse5、Rio3

恐らくAirPodsよりも前に世界最初の完全ワイヤレスイヤフォンとなったApollo7を世に出したERATO社から、より手軽なシリーズが2機種登場しています。

1つはクラウドファンディングから登場したMuse5、もう一つはやや大きめで通常のBluetoothヘッドセットのような独自の形状のRio3です。

独自サラウンド搭載のMuse5

イヤフォンを使って音楽を聴くと、音の像は頭の芯にギュッと凝縮したような形でフォーカスを結ぶことが多くなります。

オーバーヘッド型のヘッドフォンやスピーカーを使って普段音を聞いている方には、この感覚があまり気持ちよく感じられないケースもあるでしょう。

こういったものの解消のため、Muse5では独自のサラウンド機能を搭載して、音の広がりのコントロールを行っています。

やや大柄で長時間駆動のRio3

他の完全ワイヤレスイヤフォンよりも大柄で、一見、通常のBluetoothヘッドセットのような形をしているのがRio3です。

大柄な分、容量の大きなバッテリーが利用できて、連続使用時間は6時間と長めになっています。

また、完全ワイヤレスイヤフォンとしては比較的お手頃な価格も実現されています。Rio3はAmazonなどでも取り扱いがあるようです。

どちらも防水対応

これら2つのイヤフォンの特徴は、IPX5相当の防水機能を持っていることです。

運動の際に利用して汗がついたり、やはり運動途中に雨に降られたりしても、ほとんど問題なく続けて利用できるようになっています。

また、どちらもイヤフォンとしてはカナル型のものとなっています。特にMuse5は独特のイヤーピースを搭載して、装着の安定性の高さとより高い遮音性を実現しています。

まとめ

音質面ではBluetoothの縛りがあって本当の高音質は実現が難しくなっていますが、完全ワイヤレスイヤフォンではそれを補ってあまりある、利用の際の自由度が実現できます。

気になるときにはケーブルってすごく邪魔なものですから。

ただ、使い続けている分には最高ですがちょっと利用を止めて外すときには、イヤーピースをしまう場所はしっかり決めておかないと、イヤーピースの紛失につながる可能性がありそうです。

その点では注意が必要なガジェットかもしれませんね。