iPhoneでハイレゾ。2016年版お勧め機器

2017年11月16日

10-h03

 

最新のiPhone、iphone 7シリーズでは、イヤフォンジャックが省略されたことが大きな話題になりました。その関係もあってか、iPhoneで音楽を聴くためのイヤフォンが注目を集めた年だったかもしれません。

注目されたイヤフォンの一つは、AirPodsをはじめとするBluetoothイヤフォン。中でも完全ワイヤレスのものが大きな注目を集めることになったようです。

より良い音で音楽を聴きたいユーザーは、Lightningコネクタ直結型のイヤフォンなどをチェックしたようです。こちらには、ハイレゾ対応の製品も多く、よりよい音で好きな音楽を、という人たちがこれらの製品を気にかけ始めているようです。

今回はハイレゾ音源の再生の観点から、iPhone向きの製品をいくつかピックアップしてご紹介します。

Lightningコネクタ直結型イヤフォン

iPhone 7の登場で注目を集めることになったタイプのイヤフォンの一つが、このLightningコネクタに直結できるタイプのイヤフォンです。

見た目上は従来のイヤフォンジャックが、ただLightningコネクタに置き換わっただけのように見えるイヤフォンですね。

従来のイヤフォンを利用するのと全くと言っていいほど同じ気楽さで利用でき、製品によっては音質をぐっと向上させることも可能な製品になっています。

見た目はただコネクタの形が変わっただけ、とも見える製品ですが、中身的にはLightningコネクタ直結型のDACとヘッドフォンアンプ、それらと高音質のイヤフォンが一緒になった構成をしています。

Lightningコネクタからは音に関する情報もデジタルデータでしか出てきません。

これをイヤフォンを鳴らすことが出来るアナログ信号に変換し、それをさらにきちんと耳で聞こえるレベルの音になるところまで信号を増幅するための仕組みが必要になるので、上に書いたような構成になるのです。

こういったタイプのイヤフォンでハイレゾ対応をうたい、かつ、高音質を実現したイヤフォンを販売し続けているのが「ラディウス」という会社です。

今回は同社が2016年10月に発売した「HP-NHL21」という製品を取り上げます。

こちらの製品のDACは、PCM形式の24bit/48kHzのサンプリングレートのハイレゾ音源に対応できるようになっています。

また、イヤフォン部は既に音質面に定評のある、同社の「HP-NHR21」などと共通するものになっていると思われます。

iPhone本体のコントロールの出来るリモコンがついていて、さらにこの機種ではラディウスの配信しているiPhone向けハイレゾ対応の音楽再生アプリ「NePLAYER」と連動するボタンも新設されました。

iPhone 7付属のLightningコネクタからイヤフォンジャックへの変換アダプタと本体付属のイヤフォンを使うよりも、ぐっとクオリティの高い音楽の再生が可能になります。

Lightningコネクタ接続型のDAC

さらにクオリティの高い音楽再生を求めるユーザーには、Lightningコネクタに直結できるタイプのDAC製品があります。

やはりラディウスの製品となりますが、「AL-LCH81」というDACがこのタイプの製品のひとつです。

Lightningコネクタ直結型のイヤフォンを使うよりも少しサイズが大きくなって持ち運びには不利ですが、その分、音質面ではより高いレベルが期待できる製品です。

特にこのAL-LCH81では、DACの心臓部となるDACチップに高音質さで大変高い評判となっている、旭化成エレクトロニクスの「AK4430」を採用しています。

また、前の節でご紹介したHP-NHL21のほうはサンプリング周波数が48kHzまでの対応となっていましたが、AL-LCH81ではよりハイレゾらしいと言える24bit/192kHzまでのサンプリングレートに対応できるようになっています。

また、iPhone本体をコントロールするためのリモコン機能も搭載しています。

ラディウスの配信しているハイレゾ音源対応の音楽再生アプリNePLAYERは、ハイレゾ音源をハイレゾ音源としての本来のクオリティで聴くためには1,800円でライセンスを購入する必要があります。

ですが、AL-LCH81やHP-NHL21を使うユーザは、無償で利用できるNePLAYER Liteでもハイレゾ音源を本来の音質で聞くことが出来るようになっています。

これら二つの製品の注意点

HP-NHL21やAL-LCH81などLightningコネクタ直結タイプの製品で注意しなければならない点は、少なくともこの2製品は自分自身でバッテリーを搭載しておらず、使用する際にはiPhone本体側のバッテリーを使う、と言う部分でしょうか。

これらの機材を通して音を出すときには、iPhoneのバッテリーの消耗が少し多くなるはずです。

その代わり、自分が動作するためのバッテリーを自分で持っているポータブルアンプよりも、コンパクトで軽いという部分がメリットになっています。

そのあたりのメリット/デメリットを考慮の上、どの製品を使うかを判断されると良いでしょう。