パソコンと組み合わせて使うにもピッタリ。JVCケンウッドからマイクロコンポ登場

2017年11月16日

ケンウッド USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプKENWOOD KA-NA7

今はビクターとケンウッドは同じ会社の中の2つのブランド、的なポジションで製品の開発等々を行っています。そういった関係から、共通点の多い製品がそれぞれのブランドで発売されるケースもあります。

今回とりあげるハイレゾ対応のマイクロコンポはまさにそれで、アンプ部が基本同じ構成となっています。

今回はJVCとケンウッドの両ブランドから登場した、手のひらに載るような小型アンプを採用したマイクロコンポをご紹介します。

CDの直径よりも小さな幅のアンプ

今回紹介するハイレゾ対応コンポは、ケンウッドブランドからは同ブランドのハイコンポ、K seriesの新製品としてアンプ単体で投入されます。

また、JVCブランドからはアンプ本体にも少しチューニングを加え、JVCお得意のウッドコーンスピーカーをセットにしたコンポとして販売が行われます。

このアンプはとにかくサイズが小さく軽いことが最大の特徴でしょう。

幅11cmほど、奥行き16cmほどと、CDの直径よりも幅の狭い本当に小さな本体になっています。また、パワーアンプにデジタルアンプを採用したこともあって、オーディオ用アンプとしてはとても軽いことも特徴です。わずか430gしかありません。

そのおかげもあって、設置の自由度がとても高いのが特徴の一つです。パソコンのそばでPCオーディオとして利用するにも便利な小ささになっています。

しっかりハイレゾ対応

このアンプはUSBメモリ内に保存したハイレゾ音源の再生にも対応しますし、USB DAC機能を持っていてパソコンと接続してパソコンの音源回路的に利用することも可能です。

またBluetoothの受信機能もあり、スマートフォンで再生した音をスピーカーから出力することも出来るようになっています。

テレビと光デジタルで接続して、テレビの音をよりよい音で再生することも考慮された設計になっているそうです。

ハイレゾはPCM形式の24bit/192kHzまでのサンプリングレートに対応

コンパクトサイズながら中身の設計までしっかり作り込まれていて、本格的なオーディオとしての音質を確保しています。

どちらも小型スピーカーとの組み合わせ

ケンウッドブランドではこのアンプ部が「KA-NA7」という型番で単体のアンプとして販売されます。組み合わせるスピーカーの推奨機種としては、ハイレゾ対応の小型2Wayスピーカーがあげられています。

これに対してJVCブランドの製品「EX-NW1」は、同社が得意とする木材をスピーカーの振動板に加工した「ウッドコーンスピーカー」が組み合わされます。

このウッドコーンスピーカーがまた非常に面白い製品で、口径わずか4cmのフルレンジスピーカーユニットが使われています。スピーカーのミニチュアのような、まさに手乗りサイズの超小型スピーカーになっています。

ですが超小型のスピーカーでも音の面に手抜きがないところがすごいところです。

さすがに本当の低音は出切りませんが、しっかりとバランスの取れた良い音になる製品に仕上がっているようです。

本格的なオーディオと言える製品だけに

KA-NA7、EX-NW1とも、オーディオ入門用に位置づけられるぐらいの製品ではありますが、それでもしっかりとしたオーディオ機器と言える内容を備えています。

PCに接続して音を出す場合でも、PC用スピーカーとは数段違うレベルの本格的な再生が可能になります。

その分価格もしっかりとオーディオ製品しています。PC用スピーカーで音楽を聴いてきた方には、ちょっとびっくりするお値段かもしれません。ただ、キッチリと「Hi-Fi」と言える音を出すにはそれなりのお金がかかるのは仕方のないところではあるのです。

KA-NA7本体は38,000円程度、組み合わせが推奨されているスピーカーは2本セットで18,000円程度になると思われます。

また、JVCのEX-NW1の方は、スピーカーとのセットで65,000円程度の価格が予想されています。

初めてのオーディオ製品にはどちらも適した機種ですが、始めて本格オーディオに手を出す方にはお値段の方もちょっと抵抗があるレベルかもしれませんね。ただ、その分の価値はある音が出てくる機種になっているはずです。