かわいいデザインだけど音はしっかり。エレコムの新ハイレゾ対応イヤフォン

2017年11月16日

07_H03

エレコムに以前、イヤフォンの外側の筐体を鮮やかなカラーとして、耳につけているときの外観が「マーブルチョコ」の様に見える、Colorsというシリーズのお手軽なイヤフォンがありました。

手ごろな価格である程度の音質を確保し、着替えるようにイヤフォンを取り替える使い方もされるようになった、ある種画期的なイヤフォンでした。先日そのColorsシリーズのイヤフォンが復活しました。

お手軽な価格を実現してとてもかわいらしい外観を継承した通常のシリーズと、より高音質を追求して外観にも少し高級感を持たせたハイレゾ音源対応のシリーズです。

今回はエレコムのイヤフォンColorsシリーズのうち、ハイレゾ音源対応を名乗る上級機EHP-R/CC1000をご紹介します。

・小型ながら、中身は上級機の遺伝子を引き継ぐ

EHP-R/CC1000は小型でかわいらしい外観をしていますが、中身の作り込みは音質面で定評のある上級機の遺伝子を受け継いでいます。

磁気回路の工夫で振動板の駆動効率を改善した「Magnetic Turbo Axialy Port」構造、極薄のポリエステル樹脂フィルムを多数積層することで強度と固有音の低減を両立した「MLF:超多層フィルム」振動板など、エレコムのハイレゾ対応イヤフォンの最上位機種であるEHP-CH3000と同様の機構を搭載しています。

また、かわいらしい外見の元になっているイヤフォン後ろ側のマーブルチョコのようなパーツは、不要な振動を生じにくい真鍮製となっているなど、ルックスだけではなく音質面にも貢献する仕組みとなっています。

上位機種と異なる部分は、振動板の直径が小さくなっていること。EHP-R/CC1000では振動板は8.8mm径の小さなのものが使われていて、この部分がこのイヤフォンの音の特性にも反映されています。

・細かな使い勝手にエレコムならではの気配り

EHP-R/CC1000のプラグ部分の端子の後ろのプラグケースには、わずかに段差が設けられています。これは、スマートフォンをケースに入れっぱなしで使うユーザー向けに、イヤフォンのプラグがスマホケースと干渉することを防ぐ目的で設けられています。

こういった細かい部分には、周辺機器メーカーとして経験値を積み上げてきたエレコムならではの細やかな気配りが感じられます。

・音質面には小径振動板の特性が活きる

EHP-R/CC1000では振動板が小さい分、重低音の深さや厚さでは、どうしても上位機種には譲る部分が存在します。その代わりに振動板が軽い分、中音域、高音域の音の出方のスピード感にはとても優れています。

ハウジングは一部だけが真鍮製で、その他の部分が樹脂製となっている影響か、高音域に若干の音の癖があるようです。この部分を良い方向に捉えるか悪い癖と考えるかで、このイヤフォンの評価は変わってくると思います。

また、小径振動板のおかげでイヤフォンのハウジングはとても小さくコンパクトにまとめられていますので、耳へのフィットの観点では現行のエレコムのイヤフォンの中では最上クラスの使い心地が実現できているところも特徴です。

・お手軽な価格で本格的な音

EHP-R/CC1000はマイクなしのものが7,000円程度、スマートフォンでのハンズフリー通話に対応するマイク付きのものが8,000円程度から購入できます。

それでいながらかなりの本格的な音が実現されていますので、スマートフォンのオマケで付いてきたイヤフォンの音に不満を感じるようになったら、乗り換え先の第1候補として検討する価値のある製品に仕上がっていると思います。