おすすめハイレゾ対応ウォークマン

2017年11月16日

ソニー SONY ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX100 : 128GB ハイレゾ対応 DSEE HX搭載 シルバー NW-ZX100 S

SONY以外の日本のメーカーからも、そろそろハイレゾ対応のポータブルオーディオプレイヤーが出そろい始めました。しかし、ハイレゾ対応ウォークマンで先行したSONYは既に第二世代の機種に置き換わって、プレイヤーのブラッシュアップが進んでいます。

海外のメーカーにもハイレゾ対応のプレイヤーに積極的なメーカーがいくつかありますが、やはり製品サポートの面では日本企業のきめ細やかさ、安心感に分があるように思います。

というわけで、今回はハイレゾ対応ウォークマンの中からおすすめ機種2つを取り上げて少し詳しい紹介をします。

NW-A20シリーズ

SONYのハイレゾ対応ウォークマンのエントリー機種になるのがこのA20シリーズです。

先代のA10シリーズもハイレゾ音源らしさを再現できる、高コストパフォーマンス機でしたが、A20シリーズでは着実な改良を加えて、音質面でもさらなる向上を果たしました。

また、A20シリーズではついに待望のハイレゾ音源再生とノイズキャンセリング機能の両立も行えるようになっています。そのノイズキャンセリング機能も、ノイズキャンセル対応イヤフォンでありがちな、ノイズキャンセル機能利用時に耳が不自然な音圧を感じて不快感を覚える状態がかなり改善されたようです。

加えて、ノイズキャンセル機能のON/OFFでも音質の変化が小さくなったのも特徴でしょう。

ノイズキャンセル対応の付属のイヤフォンの性能もかなり向上し、A10シリーズ付属のイヤフォンではハイレゾ音源の再生には少々心許ない部分があった部分もしっかりと対処されました。ただその分、イヤフォン付属モデルでは価格は高くなってしまっています。

サイズが小さく薄く軽量で、ワイシャツの胸のポケットにもするっと収まる携行性の良さはA10シリーズから継承しています。

新しいノイズキャンセル対応イヤフォン付属のストレージ16GBのモデルが28,000円+消費税、64GBモデルが43,000円+消費税ぐらいの販売価格になっています。

ハイレゾ音源はファイルのサイズが大きいので、出来るだけストレージは容量が大きいモデルの方が良いのですが、16GBモデルと64GBモデルの価格差は結構大きなものがあります。

A20シリーズもマイクロSDXCカードによるストレージ容量の追加に対応していますので、場合によっては、16GBモデルに大容量のSDカードを追加購入で容量を手当てする、なんて選択もありかもしれません。

NW-ZX100

ZX1のほぼ後継機と思われるポジションのプレイヤーがNW-ZX100です。横幅が狭くスリムな本体になり、タッチパネルを廃して液晶も小型化しました。これに合わせて本体のOSがAndroidからウォークマン用の専用OS切り替えられています。

操作はA20シリーズなどと同じように、ハードウェアキーを利用して行ないます。操作の直感性という点では、若干退化したと言えるかもしれません。

音の傾向としてはZX2のようなHi-Fiオーディオ的な音ではなく、ZX1の流れを受け継ぎつつ、ZX2の良さも取り込んだ音となっているようです。

ZX2のように完全に音質だけを突き詰めた機種ではない、とういうところは、A20シリーズ同様にハイレゾ音源再生と、ノイズキャンセリング機能の両立が可能になったという部分にも現れています。

ZX2よりもカジュアルに、どこでもハイレゾのいい音に浸るための機種がZX100といえるかもしれません。

ZX100ではヘッドフォン、イヤフォンは付属していません。ユーザそれぞれが自分の好みのヘッドフォンを使う、というスタンスのプレイヤーです。このため、プレイヤーと同時にヘッドフォンの入手を考えている方は、その分の予算の手当が必要になることには注意が必要です。

また、ハイレゾ対応のノイズキャンセル機能の利用には、A20シリーズに付属するのと同等のイヤフォンを購入する必要があります。

ZX100は本体内蔵のストレージが128GBと大容量で、加えてマイクロSDXCカードによる容量の追加に対応しています。このため容量の大きなハイレゾ音源もたくさん持ち出すことが可能になっています。

本体価格は67,000円+消費税程度とかなり高価ですが、その分の音質の良さは味わえる機種です。

さらに上には..

予算には糸目を付けず、最初から最高のものが欲しい方、あとから機種選択の後悔をしたくない、と言う方には、さらに上位機種としてNW-ZX2があります。

音の解像度や情報量ではZX100をも上回る機種ですが、音の傾向は異なっています。演出の少ない、Hi-Fiオーディオ的と言われるようなタイプの音を出しますので、使う人によってはZX100の音の方が好きな方もいらっしゃると思います。

その部分は、実際に試聴を行なってそれぞれの耳とご相談してもらった方が良いでしょう。なにせ絶対的には高価な商品ですから。

ちなみにNW-ZX2の価格は12万円+消費税程度となります。