エレコムのハイレゾ対応イヤフォンってどう?

2017年11月16日

エレコムというと、パソコンやスマートフォンの周辺機器メーカーのイメージが強い会社ですね。イヤフォンやヘッドフォンも作っていますが、どちらかと言えば電話の受け答えやパソコンでの音声チャットのためのヘッドセット、
とった感じを受けるのではないでしょうか。

ですが最近エレコムでは、本格的にオーディオとしての音質にこだわったイヤフォンを作り始めています。今回はエレコムが音質にこだわって作り込んだ製品を取り上げてみます。

・エレコムのハイレゾ対応イヤフォンは3機種

現在エレコムが販売しているハイレゾ対応のイヤフォンは3機種発売されています。型番は次のものです。

– EHP-CH1000/CH1000S
– EHP-CH2000/CH2000S
– EHP-CH3000/CH3000S

2015年11月現在、AmazonではEHP-CH1000が3000円台、EHP-CH3000が8000円台と、お買い得に見えるプライスタグが付けられています。

・EHP-CH1000

振動板に8.9mmと小径のものを採用する機種です。

低価格モデルであるにもかかわらず、部材にコストのかさみやすい真鍮を採用する、至極まじめな作りのイヤフォンになってます。

真鍮は比重の重さなどから、イヤフォンなどで余計な振動を抑えてケースが雑音を発するのを抑え、音が濁るのを防止する効果があるとされています。

この材質にこだわった部分が音の良さにもきちんと反映されています。

低音の量感はさすがに出ないようですが、高音側がキレイに聞こえるイヤフォンです。

・EHP-CH2000

EHP-CH1000よりも二回りほど大きな12.5mmの振動板を採用したのがこちらの製品です。振動板が大きくなった分だけ低音の量感が増し、音楽全体の重心が下がったように聞こえるようです。

イヤフォンでもスピーカーを使ったシステムでもそうなのですが、オーディオでは質の高い低音をしっかりと再生できると、音楽全体の質がぐっと上がってきます。低音のクオリティが音質の下支えをする形になっています。このことがこのイヤフォンにも当てはまります。

個性的な音を出す製品ではないようですが、まじめにごく当たり前にいい音を出す製品になっています。

・EHP-CH3000

発売当初は1万円を超える値段で販売されていましたが、少しずつ値段も落ち着き、お買い得感が上がっています。デザインがきわめてユニークな製品ですが、音の方は奇をてらっておらず、とてもまじめに作られた製品です。

振動板はEHP-CH2000と同じサイズのものを採用していますが、振動板により特性の良い素材を使用して音質の改善を図っています。

音の方はEHP-CH2000をベースに、より改善を図ったものとなっているようです。

・まとめ

ハイレゾ対応イヤフォンとしては、かなり手を出しやすい価格の製品です。にもかかわらず、非常にまじめにつくってある印象を受けます。

エレコムらしく、スマートフォンなどでの利用を考えたマイク付きの製品もあります。イヤフォンマイクだからと、音質を諦めなくても良い製品の一つかもしれません。