ハイレゾ音源ってコピーして利用できる?

2017年11月16日

H05

ハイレゾ音源に限らず音楽のデータファイルは自由にコピーして扱えると、いろいろな点で取り扱いが楽です。携帯音楽プレイヤーに持ち込んだり、音源を購入したパソコン以外で音楽を聴きたいときなどにもちゃちゃっとコピーしてやるだけで事が済みます。

今のハイレゾ音源はこのあたりどんな風になっているのでしょうか。

・DRM

ハイレゾ音源より前、ネットワーク経由で音楽データのダウンロード販売が始まった頃は、楽曲のデータには著作権保護のための暗号化がかけられていました。

このあたりの仕組みをDRM(Digital Rights Management)と呼んだりします。今でも、ネットでの動画のレンタルやストリーミング配信では、この仕組みが使われて著作権保護がかけられているケースがあります。

DRMによって保護された音楽や動画は、単純にコピーしてほかのパソコンや音楽プレイヤーで再生することが出来ません。携帯音楽プレイヤーを使って出先で音楽を聴こうと思っても、DRMに対応した専用の管理ソフトでプレイヤーに楽曲のデータを登録してやらなくてはいけません。

著作権保護の観点からすれば正しい方法と言えると思いますが、使う側からするとちょっと面倒な方法になっています。

・今はほとんどの楽曲がDRMフリー

音楽のダウンロード販売では、iTunes StoreがこのDRMによる保護の流れに風穴を開けた形でした。基本全ての楽曲をDRMがかからない、DRMフリーの状態で販売したのです。それ以降、音楽のダウンロード販売の流れは変わって、ほとんど全ての楽曲がDRMのかからない状態で販売・提供されるようになりました。

今のハイレゾ音源の販売もこの流れの延長上にありますので、ほとんどのハイレゾ音源はDRMがかからない形で販売されています。ですので、購入してダウンロードした音楽データは、コピーして簡単に扱うことが出来るようになっています。

このため、パソコンの共有フォルダに音楽データを入れて、家のいろいろなパソコン、端末でその音楽を聴くことも出来るようになります。

・ご利用は私的利用の範囲で

もちろんこういった楽曲をコピーしたりして利用できるのは、私的利用の範囲内です。

ファイル共有ソフトで不特定多数の人がダウンロードできるようにしたり、お友達にコピーしてあげる、などの行為は全て著作権法に違反する行為になります。

こういった問題は、法律的にあーだこーだと言うよりも、自分がファンであるアーティストは何でお金を稼いでいるのか、誰がそのアーティストを支えているのか、そういった方向からちょっと考えてみるのが良いのではないかと思います。