ハイレゾ音源のファイルの形式と拡張子ってどんなもの?

2017年11月16日

H02

現在ハイレゾ音源と呼べる形の音楽データのファイル形式にはいくつかの種類があります。多くの音楽ダウンロード販売サイトで扱われている「FLAC」形式もその一つです。

今回はハイレゾ音源のファイルの形式の代表的なものを取り上げて簡単に説明します。

・FLAC

今、世の中に出回っているハイレゾ音源のファイルの形式として一番メジャーになったのが、このFLAC形式のファイルだと思います。

FLACはFree Lossless Audio Codecの頭文字を取った名前です。Freeの単語が含まれているとおりに、利用規約を守っていれば誰もが無償で利用可能なフォーマットになっています。

「Lossless」ともありますが、これは、データの圧縮を行いはしますが、元の音のデータの情報を一切失わない形でデータを保持していると言うことを表しています。圧縮された音楽データを元に戻すと、元の音楽データと全く同じデータになることが保証されています。

圧縮/解凍でデータが同じになることから、「可逆圧縮」方式を採用している、とも言われます。

FLAC形式のファイルの拡張子は「.flac」になります。

・WAV

Windowsなどで昔から使われ続けてきた、音のデータを入れるためのファイルの形式です。

WAV形式では、実は中身に入る音のデータには規定がありません。たとえばWAV形式のファイルにMP3の音楽データを入れてもかまわない、ということです。

ただハイレゾ音源の世界では、WAV形式で配信される音楽データは基本「無圧縮」の形のデータとなっています。このためどうしてもFLAC形式で配信される音楽データよりも、容量が大きくなります。

ファイルの拡張子は「.wav」です。

・AIFF

Appleが開発した音源データのフォーマットです。

内容的にはWAV形式に近いものがあって、やはり中身に入る音のデータの形式は何でもかまわない形になっています。ただ、実際には非圧縮データを納めることが多くなっているようです。

ファイルの拡張子には複数の形がありますが、「.aiff」などが使われます。

現在のところ、ハイレゾ音源の販売サイトでAIFF形式を使っているところはほとんどありません。ですが、もし、iTunes Storeがハイレゾ音源の配信も始めた場合には、この形式が使われるかもしれません。

・ALAC

Apple Lossless Audio Codecの略で、名前の通りAppleが開発を行った音のデータのフォーマットです。こちらもFLAC同様にLosslessを名前の由来に含むとおり、元の音のデータを全く損なわない形でデータの圧縮を行います。

幅広くハイレゾ音源にも対応可能なファイルの形式になっていますが、今のところこの形式で販売されるハイレゾ音源は多くありません。

こちらもやはりiTunes Storeの動向次第で普及度合いが変わってきそうな形式です。

この形式はファイルの拡張子に関してはちょっと特殊で、「.mov」「.m4a」などが使われます。

・DSD

Direct Stream Digitalの略で、元々は、スーパーオーディオCD(SACD)のために作られた音源のデジタル化方式を流用した音源データです。

FLACなどの音のデータのデジタル化の方式とは、全く概念の異なる方式で音をデジタル化します。このため、よりアナログっぽい音の再現が可能とされています。

ファイルの拡張子には、「.dsd」「.dsf」が用いられます。