機材の紹介

「Aurex」ブランドというと、かつて「システムコンポーネント」といった商品名で立派なオーディオセットが人気だった頃、東芝の高音質のステレオシステムとして人気を博していました。ですのでこの名前に懐かしさを感じるユーザーもいらっしゃるか ...

機材の紹介

FiiOはリーズナブルな価格で音質の優れたポータブルオーディオ系の製品を出し続けてくれているメーカーですが、エントリー機でもまた一つやってくれました。

実売25,000円程度のエントリークラスのポータブルプレイヤーにバラン ...

機材の紹介

SHUREのRMCE-USBのニュースリリース

ShureはすでにiOS機器で「ケーブル交換」によりイヤフォンをハイレゾ対応化させるケーブル製品を世に出しています。

Lightningコネクタに直接挿す形の製品 ...

機材の紹介

コストパフォーマンスの非常に高いハイレゾ対応ポータブルプレイヤーのFiiOシリーズの販売も手がけるオヤイデ電機が、PC向けの超小型USB DAC内蔵ヘッドフォンアンプを発売しました。

COZOYブランドの「TAKT PRO ...

機材の紹介

先代のOPUS#1

エムエムシー企画の持つオーディオブランド、audio-opusが手がけるハイレゾプレイヤーがOPUSシリーズです。その中でエントリーレンジを受け持つのがOPUS#1です。

5万円以下の比較的 ...

機材の紹介

パソコンなどと組み合わせてピュアオーディオレベルの音楽再生を行なうのに適したアンプなどが増えています。

一時は「デスクトップオーディオ」などと言った名前が冠されることもありました。TEACのReferenceシリーズや、ソ ...

機材の紹介

EHP-DH1000のニュースリリース

 

パソコンやスマートフォンのサプライ関連の大手でありながら、オーディオジャンルにチャレンジを続けるエレコム。実際にかなりコストパフォーマンスの高いイヤフォンや ...

機材の紹介

ソニーの新エントリー機ウォークマンA40シリーズの登場に刺激された、ということはないでしょうが、パイオニアブランドのハイレゾ対応ポータブルプレイヤーのエントリー機がバージョンアップしました。

サイズ感、価格帯等のポジション ...

機材の紹介

あのShureが先鞭を打つ形で交換ケーブルに機能性を持たせた製品を世に出しました。

Shureの「ケーブル」はBluetoothレシーバー機能搭載でしたが、その時にハイレゾ対応DAC内蔵ケーブルの登場を予想した人もいたので ...

機材の紹介

ポータブルプレイヤーのジャンルはオーディオ機材の中において、異例と言っていいスピードで開発と世代交代が続いています。

かなりの部分をデジタル系が占めるせいか、じっくりと熟成を行なっていくイメージのある他のオーディオ機器とは ...