機材の紹介

iriverは高音質のハイレゾ対応ポータブルプレイヤーを展開し続け、音質面などで高い評価を得ています。今ではむしろiriverと言うよりもブランドネームのAstell&Kernの名前の方がメジャーになっているかもしれませんね。 ...

機材の紹介

非常にコストパフォーマンスの高いオーディオ製品をリリースし続けるFiiOから、エントリークラスの新ヘッドフォンアンプQ1 MarkIIが登場しました。

売価1万5千円程度とUSB DAC機能内蔵型ではかなりのお手頃価格なが ...

機材の紹介

高コストパフォーマンスで音質面にも定評ある製品をいくつも生み出しているFiiOから、新製品ラインのハイレゾ対応ポータブルプレイヤーのM7と、同社のポータブルアンプの中では最上位機種となるQ5が登場します。

どちらも同価格帯 ...

機材の紹介

どこか微妙に自虐っぽいキャッチコピー「意外にいい音、エレコム」を掲げて、エレコムは本格オーディオ製品としてのイヤフォンやBluetooth製品に力を入れていて、従来のパソコンやスマートフォンの周辺機器メーカー、というイメージの枠を超え ...

機材の紹介

エレコムのEHP-UC100M情報ページ

iPhoneシリーズではイヤフォンジャックが省略された機種が出て以降、Lightningコネクタ直結型のイヤフォンの市場が立ち上がりました。

Bluetooth接続のイ ...

機材の紹介

先日、日本国内の製品取り扱いの代理店がエミライに変わったFiiO、またまたかなりインパクトのある価格の製品を世に出してきます。

今度は、USB DAC機能内蔵のヘッドフォンアンプ。

旭化成エレクトロニクスの高性 ...

機材の紹介

「Aurex」ブランドというと、かつて「システムコンポーネント」といった商品名で立派なオーディオセットが人気だった頃、東芝の高音質のステレオシステムとして人気を博していました。ですのでこの名前に懐かしさを感じるユーザーもいらっしゃるか ...

機材の紹介

FiiOはリーズナブルな価格で音質の優れたポータブルオーディオ系の製品を出し続けてくれているメーカーですが、エントリー機でもまた一つやってくれました。

実売25,000円程度のエントリークラスのポータブルプレイヤーにバラン ...

機材の紹介

SHUREのRMCE-USBのニュースリリース

ShureはすでにiOS機器で「ケーブル交換」によりイヤフォンをハイレゾ対応化させるケーブル製品を世に出しています。

Lightningコネクタに直接挿す形の製品 ...

機材の紹介

コストパフォーマンスの非常に高いハイレゾ対応ポータブルプレイヤーのFiiOシリーズの販売も手がけるオヤイデ電機が、PC向けの超小型USB DAC内蔵ヘッドフォンアンプを発売しました。

COZOYブランドの「TAKT PRO ...