機材の紹介

クリプトンという日本メーカーの「超」がつきそうなレベルのPCスピーカーKS-1HQMという製品をご存じでしょうか。価格も発売当時のPCスピーカーの概念を大きく超えるものでしたが、音質面でもオーディオグレードの極めて上質な再生が行える製 ...

機材の紹介

ハイレゾ対応ウォークマンのメインストリーム機となると思われるNW-ZX300シリーズ、こちらに内蔵ストレージを64GBから128GBに倍増したモデルNW-ZX300Gが登場しました。

基本機能や使用するパーツなどの基本スペ ...

機材の紹介

FiiO M9の製品情報ページ

お手頃価格ながらいい音、というイメージがかなり定着してきたFiiOから、また価格破壊と言っていいような内容のハイレゾ音源対応の新型DAPが登場しました。

AKMのモバイル向け高音 ...

機材の紹介

ソニーのDMP-Z1の製品情報ページ

しばらく前に香港でのハイエンドオーディオ見本市にて発表され恐らく見る人全ての度肝を抜いたソニーの超弩級デジタルオーディオプレイヤーDMP-Z1ですが、やはり日本国内でも発売が決定しまし ...

機材の紹介

バブル時代の全盛期だったでしょうか。ミニコンポサイズでより上の音を目指した「ハイコンポ」と呼ばれるオーディオ製品がありました。オンキヨーのINTECや今回取り上げるケンウッドのKシリーズなどが大きなシェアを持っていました。

機材の紹介

ソニーのIER-M9、IER-M7のプレスリリース

ソニーは今までイヤフォンジャンルでは「ウルトラハイエンド」と呼べそうな製品をあまり市場に投入してきませんでした。

BA、バランスド・アーマチュアのドライバーを ...

機材の紹介

ソニーのDMP-Z1のプレスリリース

8月10日から香港で開催されたHigh-end AV Showに合わせる形で、ソニー香港から超弩級のオーディオ製品が発表されています。

その一つがこの記事で取り上げるハイレ ...

機材の紹介

このイヤフォンはメーカー名からしてとてもユニークですね。「茶楽音人」と書いて「さらうんど」。

製品としてのイヤフォンの方も非常にユニークなフォルムで、既に音質面に高い評価を受けている製品を世に出しているメーカーです。

機材の紹介

iriverは高音質のハイレゾ対応ポータブルプレイヤーを展開し続け、音質面などで高い評価を得ています。今ではむしろiriverと言うよりもブランドネームのAstell&Kernの名前の方がメジャーになっているかもしれませんね。 ...

機材の紹介

非常にコストパフォーマンスの高いオーディオ製品をリリースし続けるFiiOから、エントリークラスの新ヘッドフォンアンプQ1 MarkIIが登場しました。

売価1万5千円程度とUSB DAC機能内蔵型ではかなりのお手頃価格なが ...